歩合制とフルコミッション

営業中心の会社は、歩合制とフルコミッション制で営業マンを雇用する。営業に自信がある方は、100%フルコミッションを選択するが長続きはしない。多くは、歩合制を取る。生活をするうえで最低限の固定給と成果給(歩合制)でバランスを自分で決める。営業成績がよい会社は、営業支援の仕組みと営業マン教育が整っている。そのため良い営業マンが定着する。

 

つまり、営業マンの育成に力を入れているため社員の潜在営業能力を高められ、仕事がしやすい環境と支援があるためその会社で一生懸命働く動機付けが強くなる。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

ただ、

 

営業マンの育成が出来ない企業ほどフルコミッションで営業マンを雇いたがる傾向が強い。それが現実である。即戦力を求めてフルコミッション制度になっている会社ほど使い捨ての会社の傾向が高い。

 

営業マンが転職するときは、次の点を調べたほうが良いだろう。

 

  1. 固定給と歩合給の割合を自分で決められる会社
  2. 営業マンの育成制度がある会社
  3. 営業マンの離職率が低い会社
  4. 社会通念に反しない営業をしている会社

 

一般的に営業マンは、転職する回数が多い。転職するたびに給与が増えていく人は良いが、多くは条件が悪くなる。または、営業職でない職業を選ぶ。

 

雇用の安定を求める人が多くなってきている。会社は、生き残りのためにリストラをする。大企業でも中小企業でもそれは発生する。中小企業がリストラをするときは、会社が倒産するかしないかの瀬戸際である場合が多い。大企業は、利益を出すためと余剰社員を削るためである。

 

フルコミッションで人を雇用するのは、会社にとって一番都合が良いことは確かである。保険関連の営業は、殆どがフルコミッションである。うまく生き残れる人は、それなりの営業能力を身につけている人たちである。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト