営業代行サービスの罠

営業力がない。新しいお客を見つけられない。営業マンがいない、少ない。こんな問題を抱えている経営者が多い。営業マンをやとっても当たり外れが激しい。雇用しても投資対効果がない場合が多い。そのため営業マンを雇うことを躊躇する社長さんが多い。営業マンを雇うならばエンジニアを雇うというという感じになるからだ。

 

そこで登場するのは、営業代行サービス会社である。

営業代行サービス会社には、いろいろな会社がある。営業代行のレベル、どこまで営業を代行してくれるのか。これで決まる。営業代行を依頼する会社は、成約まで代行してほしい。成功報酬型の営業代行を求める。

 

だが、

 

多くの営業代行サービス会社は、アポイントの取次だけとか、会社の紹介だけとか、営業マン支援とか、営業コンサルティングとかで終わっている。よ~く考えてもらいたい。自社製品やサービスを理解して直ぐにお客様を見つけて販売なんかできるはずがない。同じ業界で営業をしている営業マンであれば、それも可能だろうが、畑違いの営業代行会社がそこまでやれない。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

結局は、自社で育てた営業マンの製品知識やサービス知識に勝てない。

 

営業代行会社を選ぶときは、どのレベルまで代行してくれるのかを事前に理解した上で契約をすべきだろう。過度な期待はやめたほうが良い。

 

営業代行会社に務める営業マンであれば、クライアントの会社のどこを支援すれば最大の効果があるかを分析してカスタマイズの営業代行提案をすべきだろう。その方がお互いに取ってプラスに成る場合が多い。メニュー通りのサービスよりもカスタマイズメニューサービスのほうがお客のニーズに合うからだ。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。