Facebookを営業で使うには

SNSのFacebookを営業で使えないか。そんなことを考えてFacebookを登録している人がいる。Facebookの使い方は、その人の目的で使い方も変わってくる。Facebook自体に詳しくないと目的にあった使い方ができない。普通の人は、Facebookの理解に苦しむだろう。

 

Facebookは、個人とのつながりを広げるためのツールである。その意味合いでB2C市場の営業をやっている人にとっては意味があるツールではないか。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

ただ、

 

Facebookで重要なのは、ホームページと同様に情報である。Facebookで繋がっている人たちに役に立つ情報を発信出来れば注目してくれる。自分の立ち位置を理解していただくことで販売のきっかけになる。営業は、お客のニーズを見つけるアプローチか、お客が自分たちのニーズを満たしてくれる営業マンを見つけるかのどちらかである。

 

Facebookは、後者になるのではないだろうか。あの人は、こんな営業をやっているのでコンタクトしてみたらというつながりがあれば、営業も楽になる。

 

今は、誰も試行錯誤の段階である。ソーシャルメディアを有効に使う方法をみんながさがしている。その意味合いでは、やって見る価値があるのではないだろうか。

 

 

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。