営業代行の質と需要

営業代行に期待する会社が増えてきている!

先日、静岡にある実家に墓参りをしてきた。実家でローカルなビジネス状況を聞いた。震災の影響でイベントに集まる人が極端に少なくなっているという。家具メッセというイベントが静岡市で行われた。今年は、異常なほど人がこなかったそうだ。タクシーの運転手も今年は異常だと言っていた。

地方は、地場産業で生活を営んでいる人たちが多い。彼らの生活も借金の上に借金という状況だという。政府は、倒産を防ぐために金融機関に対して資金援助をゆるくするよう指示しているため、本来ならば倒産の会社が倒産せずに生き残っている。借金だけが積もり積もっている状態だ。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

こんな状況を打開するために営業力強化を会社は行なっているのだが、自社だけでは新規顧客開拓ができない会社が多い。多くの会社は、営業代行サービスに期待をかけるのだが完全成功報酬型でない営業代行サービスであるため期待に沿わない結果がでているようだ。

つまり、

営業代行会社の質に問題がある。特にテレマーケティングサービスで製品購入の可能性がある会社とアポイントを取るところまでという営業代行サービスであれば、製品購入の可能性の質である。ただ単に情報を求めている会社のアポでは売り上げに貢献しない。それであれば、資料請求をホームページでやっていただければ良いかもしれない。

営業代行のサービスは、アポイントの数と質で当たり外れがある。ターゲット顧客層にうまく絞り込まれた会社のアポイントであれば、あとは、購入の可能性がどれだけ高いかである。その辺をどこまで代行会社が見極められるかである。

営業に自信がある営業マンであれば、営業代行サービス会社を同僚と一緒に設立してこの不況を追い風にした起業が可能になる。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト