売上を海外で伸ばすには

国内での売上が伸び悩み

国内消費が伸び悩んでいる日本では、全般的に売上が伸びる要素がない。GDPの伸びがない国では、新しい市場に参入するか、海外市場に自社製品の需要を見つけるか、全く新しいコンセプトの製品で市場の人気を取るかである。

国内で新しい市場に参入するには、既に参入している企業に勝てる見込みがある新製品を投入する必要がある。それができる中小企業はどれだけあるだろうか。

中小企業は、現在販売している製品やサービスの需要を掘り起こすことができる海外市場に目を向けるべきだろう。他国にない製品やサービスであれば、他国で市場を開拓すればよいだけだ。競争相手は、ゼロに等しい。

特に日本独特の製品やサービスであれば、独占的にその国で販売や提供ができる。競争相手がいない市場で自社製品やサービスの需要を掘り起こすだけでよい。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

一昔は、直ぐに市場調査目的で現地にアンテナの役割を果たす駐在員を置くのが主流であったが、インターネットの時代では多言語対応CMSホームページシステムを使って現地の市場ニーズを収集することができる。市場ニーズを現地で探す前に日本でまず出来る事をやるほうがコストをだいぶ節約できる。

ほとんどの中小企業のホームページは、国内向けの内容である。バイリンガルのホームページは非常に少ない。この理由は、ひとつに海外市場を開拓する必要性を経営者が感じていない場合と感じていても英語が堪能な社員を雇用していないために何もできないでいる場合とがある。

最初から英語が堪能な社員を雇うのではなく、必要なときに必要な対応をできるサービスを利用すればよいだけである。市場ニーズを調査するだけの段階であれば、多言語対応のCMSホームページシステムとウエブ受付対応サービスを導入すれば目的を達成する環境ができる。

Goyat LLCでは、多言語対応のCMSホームページシステムとウエブ受付対応サービスを中小企業に提供している。詳しくは、お問い合わせください。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow見込客を呼び寄せるツールとは・・・Joomla CMSホームページシステム・・・驚くべき機能があります!