知人友人の言葉は広告宣伝より強い

お客様は、広告宣伝の売り言葉よりも知人友人の言葉に耳を傾ける。

広告宣伝は、聞きたくない情報を何度も何度も強制的に聞かせようとする。営業マンのセールストークも同じようになっていないのだろうか。

つまり、

お客様が営業マンの話を聞く状態になっていない状態で売り言葉ばかりを話し続けていると広告宣伝と同じになってしまう。

広告は、何度も同じメッセージを強制的に聞かせる、見せる事によってお客様の潜在意識に記憶させる。営業マンが同じことをやるとお客様の感情に触れる。聞きたくないことを無理やり話す営業マンだという印象を与えるのでCMと同じことをやらないのが普通である。

■お客様が関心を示す話題の中でセールストーク

お客様が話しをしている中で自社の製品やサービスに関連する話題になった時にそっと話を切りだす。この時に一方的に長々と話をしない。

お客様の関心が得られない時は、直ぐに他の話題に降る。

これを無理やり自分の営業トークムードでやり続けるとお客様は完全にあなたをタダの営業マンと認識する。相手の信頼を得るには、相手に嫌な思いをさせないことである。お付き合いは長いほど良い。長い関係を作るには、お互いをよく知るコミュニケーションが必須である。

タダの営業マンからお客様の知人に格上げして頂くまで営業トークは控えめに!

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト