紹介営業をしてくれるお客さんをどう見つけるか?

自分のお客さんを紹介してくれるお客さんを沢山知っていると新規営業が凄く楽になる。誰もがそんな仕組みを自分の営業に取り入れたいと願っている。そんなお客さんをどのようにして見つけるのか? 誰もが知りたいと思っている。

接点があるお客さんの性格が鍵である!

接点が多いお客さんは、あなたの仕事を良く理解している。生命保険の営業マンなどは顔なじみのお客さんからの新規お客の紹介が多い。同じような事があなたの営業にも発生すれば営業ほど楽しい物はないとなる。

現実は、そう簡単にできていない!

あなたを応援してくれそうなお客さんでも顔が広くて紹介する人を沢山知っていないとお役に立たない。紹介営業を助けてくれるお客さんには共通要素がある。

1.顔が広い

2.世話好きである

この2つの要素を兼ね備えているお客さんと顔なじみであるとあなたの営業は凄く楽しくなる。そんなお客さんを見つけるには具体的にどのような事をすれば良いのだろうか。顔なじみのお客さんは数人知っているけれども世話好きかどうかは分からない。どう見分けたら良いのだろうか。

こんな疑問や戸惑いがある営業マンは、こんな事を試してみて下さい。

何か仕事とは関係ない質問をお客さんにしてみて下さい。例えば、近くに美味しいレストランがあるかとか、ランチをするならば何処が良いとか。世話好きな人は、色々とお勧めしてくれる。

一方、顔が広いかどうかは、そのお客さんが地域でどのような地域活動をしているかで分かる。または、どのような趣味を持っているかを聞いてみると良い。活発な活動をしている人は一般的に多くの人との接点を持っている。

一度試してみて下さい。騙されたと思って。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト