口べたな営業マンと話し好きな営業マンでは、どちらが営業成績が良いのだろうか?

一般的に口べたな営業マンは、顧客開拓で不利だと思われている。もし、あなたが口べたで上手く営業トークが出来ないとしたら凄く心配だろう。

でも、ご心配なく!

人を見る目を持っているお客さんならば、口べたなあなたでも受け入れてくれる。むしろ、話し上手の営業マンを敬遠してしまう。なぜかって?話していることが本当に実行できるかどうかは、アクションを見てからでないと分からないからだ。口べたな営業マンであってもちゃんと話したことを実行してみせれば信用される。ここが重要だ。

私は、多くの営業マンと会ってきた。口だけの営業マンが多かった。話を聞いているだけでこの営業マンは、営業トークだけの営業マンだなと分かる。話し好きの営業マンは、最初のアプローチにおいて優位性があるのだが話し好きのためにアクションが付いてこない人がいる。いつも、なぜなんだろうと思う。

いかにも自信ありげに何でも私は出来ますという態度で話をしてくる。経験豊富なお客さんは、現実を良く理解しているのでそんな営業マンを直ぐに見破ってしまう。

出来ないことは出来ないという誠実な姿勢

正直な返答をしてくれる営業マンが私は好きだ。正直だからこそ信頼が付いてくる。正直であることは、言葉では証明されない。全て自分が話したことがアクションとなって現れてお客さんが納得できたときだ。 最初に言った言葉が出来ないことであれば、アクションまで行かない。口が上手な営業マンは、この時点で信用を落とす。

口べたのあなたでもかまわない。言っていることが事実を言っていてアクションでお客さんを納得できればあなたの言葉に信用が付いてくる。

確かに誰にでも気楽に話しかけられる性格はプラスである。そのような営業マンはそう多くはいない。自分がやれる範囲で良いから自分から話しかける努力をすれば良い。

営業支援の営業マンからいつもこんな言葉を聞く。

「私は営業が得意なんです。沢山の人脈からお客さんを紹介できます。大丈夫です。」

こんなことを言う営業マンほど信用できない。お客さんは、馬鹿ではない。多くの営業マンから同じような営業トークを聞かされて現実を経験してる。嘘を言うな!となる。だからこそ、正直なことを話す営業マンを好む。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト