英語力が問われる時代

英語力を問われるのは、大企業の社員だけと思っている人が多いだろう。時代は、21世紀であることを忘れてはならない。国内消費が縮小する日本で中小企業は、海外市場に目を向け始めている。中小企業でも英語力がある社員を求め始めている。海外営業ができる社員がこれからどんどん生まれるだろう。

英語力は、一夜にして習得できない。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

現地に行って語学は学べば良いと経営者は思うかもしれないが、現地で仕事をする人にとっては大変な負担になる。営業マンも英語ができなくても海外に営業に行って来いという時代になるかもしれない。

英語力といってもいろいろある。書く力、読む力、話す力、文化を理解する力、適応能力など。一般的に英語が話せれば英語力があると思われがちであるが、日常英会話とビジネス英会話とはレベルが違う。これが、書くことになるともっと違いが出る。日本の英語教育では、読む力(翻訳)に重点が置かれているため話す力や書く力は実用のレベルでない。

しかし、

コミュニケーションという視点で度胸と耳学で進んで英語を学ぶ姿勢があれば、相手に通ずる。どんなに美しい英語を話したり書いたりしても内容に心が埋め込まれていない人は相手にされない。

英語力があれば、国内でも海外でも営業の仕事を選択できる立場になる。どちらに転んでも食べていける機会が生まれる。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow見込客を呼び寄せるツールとは・・・Joomla CMSホームページシステム・・・驚くべき機能があります!