ホームページに投資をしている会社は、特徴がある。

攻めの営業ができない業種。例えば、先生と呼ばれるコンサルタント業種、税理士、弁護士など。製造業では、企画開発中心のサービス業種である。建築業では、工務店などである。

それ以外の業種では、営業の面であまり制約がないかもしれない。

B2C業界は、一般的にホームページに投資をしているのだが、運営面で問題を抱えている。ユニークな商品やサービスを提供するB2C会社ならばあまり競争ということ気にする必要がない。インターネットでは、取り扱う製品やサービスがユニークであればあるほど検索でヒットされやすい。

ECショップは、個人でも会社でも出来てしまう。扱う製品やサービスが類似であればあるほど検索サイトで上位に表示されないと勝負にならない。上位に表示されるには、それなりの投資とサイト運営が求められる。

B2B業界の営業マンは、店舗営業やルート営業で販売網を広げる営業になる。直接お客様に販売するビジネスでないため、営業する範囲が限定されているため戦略や企画がモノを言う。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

ホームページは、B2B業界で効果を出しやすい。その理由は、受身の営業でもお客を見つけることが可能であるからだ。ホームページで効果的な情報発信ができれば、向こうからお客がお問い合わせをしてくる。お問い合わせの数をいかにして増やすかで売上が変わる。

お問い合わせを増やせるホームページ作りに投資をしている会社は、営業部隊を二分化している。ホームページの営業チームからお問い合わせ情報をいただき、足の営業チームが御用聞きに行くという感じだ。ホームページの営業チームが強力であればあるほど、足の営業チームは苦労しない。新規顧客開拓が簡単にできるからだ。

この旨みを味わった会社は、ますます、ホームページでお問い合わせを増やす方法に投資する。その一つが、CMSホームページシステムである。SEOやSEMだけに投資するのではなく、ロングテールでの集客にも投資をしている。CMSホームページシステムで構築されたホームページは、ロングテールSEOで幅広い市場ニーズを拾っている。

お問い合わせを幅広く増やすには、CMSホームページシステムでサイト構築をすると良い。

folder_yellow見込客を呼び寄せるツールとは・・・Joomla CMSホームページシステム・・・驚くべき機能があります!