経営サロンというビジネス勉強会に毎月参加している。参加する度に新しい人がやって来る。一番多いのは、侍業(司法書士、社労士、弁護士、税理士、弁理士、行政書士など)の人たちだ。なぜ、彼らが参加するのかの理由は分かる。

しかし、

彼らの参加の仕方があまりにもずさんだ!

1回限りの顔合わせでは覚えてもらえない!

先日も社労士の女性が経営サロン会に参加していたが、勉強会後の懇親会で名刺交換した後、二度とお会いする機会がなかった。毎月勉強会は開催されているのだが、顔を出さないのである。彼女にとっては、交換した名刺が重要であったのだろうか。

1ヶ月後にメールが彼女から届いた。社労士のサービスを説明したいので一度お会いできないかという内容であった。私は即座にゴミ箱に捨てた!知らない人からメールを受け取ったような気分であったからだ。こちらが求めていないのに彼女の都合で勝手に時間をくれと言っている。

自分の都合とメリットだけを主張する人は、門前払いになる。

人間は、顔見知りになってその人なりを理解してからでないと顔を覚えない。また、会いたいと言って来ても会いたいとは思わない。こちらの状況をどれだけあなたは知っているのと言いたい!それを知らないで自分の都合だけをメールで押しつけてくる方は、門前払いである。

ここで重要な事は、勉強会や懇親会などに参加したならば最低でも6回以上は同じ勉強会や懇親会に参加すべきだという事だ。そうすれば、顔と人柄をメンバーに伝えられる。一見さんお断りの世界がある。

新規顧客を探す時に表面だけをなめただけでは駄目なのだ。もっと、もっと深く入り込んでがぶりとかまないと。相手は人間である。物ではない。

生命保険の営業マンも多い。でも、勉強会には数回で消えていく。これでは、営業を本当にやっているのかどうか分からない。新規顧客開拓は、一度、仕事の事を忘れて個人の自分になって人間のお付き合いをする過程でチャンスが生まれる。

潜在顧客に自分の顔を覚えて頂くという事は、名刺交換だけでは達成できない。当たり前である。なおさら、メールで押し売りして来ても意味がない。そんな営業が多い。もっと、人間的なアプローチを考えるべきだ。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト