経営者対象のセミナーや講演会を開催して参加した社長リストを作って法人営業の種にしている会社がある。

 

先日ある会社社長の講演会を聞いた。1週間後に見知らぬ会社から経営者だけが集まる会員制倶楽部の勧誘と求めてもいない経営の書籍が届いた。これって余計なお世話!!無言の押し売りだ。


この社長とは講演後に名刺交換もしていないのだが、私の会社の住所と名前が伝わっている。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

明らかに営業リストを集めていたのだ。これも法人営業の代表的なアプローチ方法である。ただ、やり方を間違うと悪印象を与えるので良い印象をあたえる営業アプローチを考える必要がある。今回のような押し売り的な情報提供と勧誘はマイナス効果だ。講演した会社と社長さんの印象がこれで悪くなった。もう二度とこの社長の講演にはいかない!

 

営業の種にされてはかなわないからだ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト