オフィスの中に神棚がある会社

中小企業の中には、神様になんども助けられた会社がある。そのような体験をした社長は、神頼みになってしまう。会社に神棚があるから変な会社、おかしな会社と直ぐに思うのは間違いである。

問題なのは、社長が社員に対して宗教じみたような言動や行動をさせることである。そのような雰囲気がある会社は、避けたほうがよいかもしれない。

会社経営をしている社長は、一般社員と違っていつも生きるか死ぬかの精神状態で会社経営をしている。特に中小企業は、資金的な余裕がないため借金の上でビジネス展開をしている。会社の借金は、社長個人の連帯責任で行われるので会社が倒産すれば、その借金は社長個人に及ぶ。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

この精神的な負担は一般社員には想像もつかないだろう。

精神的な負担が大きくなりすぎると人間誰しも「神」にすがりたくなる。自然な心理である。神にすがって助けれるとその人間は、神を大事にする。その表れとして神棚がオフィスに登場するのだ。

営業マンがそんな会社を見つけたらその社長になぜ神棚があるかを聞いてみるべきだろう。喜んで教えてくれるはずだ。それだけで社長と仲良くなれるかもしれない。社長は、いつも、精神的なプレッシャーと戦っている。それを後方支援しているのが神様なのだ。

私が、なぜ、このような説明をするのか。それは、この世の中には神でしか説明できない現象が余りにもありすぎるからだ。所謂、奇跡と呼ばれる現象が非常に多いのだ。多くの人間が、信じられない奇跡を体験している。

人間わざでない出来事、間一髪で助かるなど私たち人間の手が及ばない出来事がありすぎる。会社経営においても同じである。むしろ、奇跡のような出来事が会社経営の中に多い。その体験者が社長である。

社長になってみないと多分その理由は、納得できないだろう。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト