昨日、ITproイベント(東京ビックサイト)に行ってきた。CMSサイト構築サービスを展開している会社として最先端のIT業界の動向の情報を入手するためだった。ある大手企業のブースで30歳前の青年(その会社のブース担当者)に話しかけられた。

ブースの説明を聞きながら私の仕事について尋ねて来たので5年前に起業したと話したら、「実は、私も起業したいのです。でも、勇気がないのです。」という返事が返ってきた。

その会社は、待遇面でも仕事の面でも誰もが羨ましがるぐらいの良い会社だ。でも、彼は起業したいという願望を持っている。

起業するための勇気は、何処から来るのですかと聞かれた。起業の第一歩は、人によって違うと伝えた。勇気があるから起業できたというよりは、「自分でやりたいことをしたい!」という気持ちが爆発して第一歩が出てしまったと私のケースを話した。

オープンソースCMS Joomlaホームページシステムを使えば今まで出来なかった事がホームページの専門家でなくても出来るという事を日本の中小企業の社長さんに知らしめたかった。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)



大企業は、人材、資金、時間の面で高価な有料ライセンスのCMSホームページシステムを導入できるのだが、中小企業は、そのようなリソースがないため自由な情報発信が出来ていない。

外部の専門家に丸投げしてホームページでの情報発信を任してしまっている。本当は、自分たちで自由に情報発信をやりたいのだが、ホームページの専門家はいないし、HTMLタグのABCもしらない。

そんなニーズを満たすものがオープンソースCMS Joomla(ジュームラ)ホームページシステムなのである。それを日本で広める事で多くの中小企業の情報発信を助け、営業支援のためのツールとして活用できる。

そんな思いで私の起業は始まった。

彼には、まだ、自分の手足で食べて行くための商材が見つかっていなかった。独立したいという願望だけのようだった。先に独立した人間としてこれから何を準備すべきかをちょっと助言した。

1)自分が恋人に惚れこむと同じ惚れこみ方でやってみたい商材を見つけること。
2)営業経験をすること。

彼は、エンジニアであった。腕には自信があるようであったがビジネス作りの分野はまだ素人。やってみないと分からない世界であるので色々と試行錯誤が必要だろう。

多くの起業家は、起業することで隠れた自分の才能に目覚める。ピンチはチャンス!という言葉がある。火事場の馬鹿力という言葉もある。起業は、勇気がいる。安全地帯から危険地帯に足を入れるということだからだ。

私は、今、毎月が決算日という感じ方でビジネスを展開している。会社員は、こんな気持ちで仕事をしていない人が多い。今月売上げがなかろうが、あろうが、自分の給与には極端に直接的に影響しないからだ。

起業すると売上げ=生活費となる。この現実を多くの会社員は怖がる。この青年も怖がっている。そのために勇気がないといっている。

隠れた能力は、ピンチに立たされた時に芽生え始めるという事実をこの青年は知らない。自分を追い詰めないと自分が本来持っている能力に目覚めない。ピンチに立つと不安というストレスが絶好調に達する。その危機感を回避するために自分が持てる力をすべて出し切り、もがき始める。

隠れた能力のスイッチは、この過程でオンになる。

スイッチがオンになったという自覚はないが、後で過去を振り返ってみると俺はこんなことも出来たんだと気が付く。

3日前の夕暮れ時に相鉄線星川駅近くの公園で30歳代位の若者がバックとコンビニの袋をベンチに置いてうな垂れている姿を見た。勝手に感じたことだが、ホームレスなのか、仕事探しが上手く行っていないのか、行き場所が無くなってしまったのか、定かでないが陰ながら元気を出して明日を迎えて頂きたいと心で願った。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。