名刺は営業マンのピストルだ!

 

営業マンは、会社の名刺と販売戦略専用の別名刺を持つべきだ。

 

販売戦略専用の名刺は、見込み客作りに使う。そのためには、そのお客に2度、3度と会えるように相手の記憶に突き刺さる名刺が必要だ。本当の名刺は、見込み客になったお客専用に使う。つまり、お客とのきっかけ作りに販売戦略専用名刺が生きる。

どの様な名刺が良いかは、今までに頂いた名刺から自分が一番気に入った名刺を選出する。自分の記憶に残りやすい名刺が、多分、良いだろう。その名刺をベースにして自分のビジネスに役に立つメッセージやイメージを入れ込む。大量に使うので材質や見栄えにこだわるよりは、目的にあう程度であればよい。

サイズは、通常のサイズ。サイズを変えると相手の名刺入れに納まらないので捨てられる。裏面をつかうか、どうかは、目的と予算しだいだ。私は、表面だけで勝負する。なぜならば、お客は表面を見るからだ。色は、お好みで。自分のやりやすい物にすればよい。作った名刺の使い方は、作った本人が使いやすいもので無ければならないからだ。

 

CMSホームページシステムでサイト構築をしている私の名刺は、「3日でサイトを構築!」で始まる。裏面は、当社のホームページ画像が印刷されている。この名刺が会社の名刺だ。販売戦略専用の名刺は、ある有名な経営者企業団体のブランドを使った名刺にしている。当然、その団体の許可を得て名刺を作っている。

 

ブランドの魅力で相手を安心させると言う目論見がある。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト