インターネットのスピーカー

営業は足でやる。これは、過去のやり方かもしれない。現代は、インターネットという新しい世界が広がりつつある。この世界に多くの人が住み始めた。この世界を無視して営業活動はできない。

でも、

インターネットでどの様にして営業活動をするのか。そんな疑問を持っている人が多いだろう。インターネットで営業をするには、自分がコントロールできる高機能のホームページシステムが必要だ。ホームページは、ウエブデザイナーやそれが出来るウエブ制作会社が作ると言う認識がある。時代は、新しい方法でホームページを3日間で作り出すシステムが登場している。Joomla CMSシステムでホームページの器を3日間で作ってしまう。後は、自分でページをワープロのように作成していくだけだ。ホームページの専門知識は要らない。そんなサイトシステムを持てば、インターネットの営業活動もやりやすくなる。

インターネットの営業活動で一番重要なのは、作ったホームページが集客サイトにならないとだめだ。集客サイトの絶対的な条件は、鮮度の高い役に立つ情報発信サイトで無ければならないということだ。そんな集客サイトを自分で作るか、集客サイトに広告バナーやテキスト広告を張ってターゲットのお客を自分のホームページに誘導させるかだ。

自分のターゲットが集まる集客サイトをまず探すことが一番優先される。探してリストを作る。一つ一つ広告掲載料金を尋ねて予算に合うサイトを選ぶ。1ヶ月間、広告を掲載してその誘導効果を分析する。投資に対する効果があるかどうかを調べる。

他人の集客サイトに広告掲載をしながら、同時に自分のサイトを集客サイトに作りこむ。そんなときにJoomla CMSが役に立つ。集客サイトは、GoogleやYahooの検索サイトの上位ページ登場するからターゲットのキーワードで検索して表示された上位10サイトを調べて見る。

自分のお客が絞り込めていればいるほどお目当ての集客サイトが見つかる。