営業先開拓

正しい税知識を身につけたい。もっと積極的な経営をめざしたい。社会のお役に立ちたい。 そんな経営者の皆さんを支援する全国組織、それが法人会です。

法人会は、会社経営で重要に成る経理を支援してくれる組織である。税に詳しい方が経理面や税金対策面で支援していただける。

法人会に参加するメリットは、営業の面では薄いかもしれない。法人会の組織自体も時代の流れについていけてない節がある。活動自体が活発でないと意味がない。私の会社は、法人会の会員になっていない。会社としてお世話になるメリットが無いからだ。

ただ、

法人会に入っている人はそれなりにメリットを感じて会員費を支払っているので目的を明確にしてそのニーズが満たされるかどうかを確認したほうが良いだろう。潜在顧客がいるかどうかは、会に入って様子を見る必要がある。私の感じでは、当社のビジネスを提供する組織ではないと思っている。

個人的にお勧めしたいとは思わないが人それぞれのニーズが違うので、まずはドアをノックして見て自分のニーズが満たされるかどうかを尋ねてください。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

勉強会や研究会の主催者になる!

お客を探すのではなく、お客を集めることだ。お客を集めるには、お客(潜在顧客)が集まる仕掛けを自分で作る必要がある。勉強会や研究会は、そんな潜在顧客を集めるのに打って付けだ。

ターゲット顧客層が集まりやすい勉強会か研究会を企画する。私は、神奈川県中小企業家同友会横浜支部で「インターネットを見方にする研究会」を主催している。月1回2時間の研究会だが、参加していただいているのは会社の社長さんたちだ。

私の会社のビジネスは、インターネットビジネスであるので参加者にプラスになる情報を提供しやすい。参加された社長さんがプラスに感じれば良いお友達関係が作れる。

勉強会や研究会は、人脈作りに適している。人脈からビジネスが生まれるのでその基盤作りで自分が出来る勉強会や研究会を主催して見ると良い。必ず、プラスに働く。

出来れば、人集めで苦労しない経営者クラブなどの会員になってその組織の勉強会として運営していったほうが良いだろう。そんな勉強会を主催できるかどうかをまずチェックしてから経営者クラブなどを物色したほうが良い。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

チラシの効果はなべとの効果と同じかチラシの効果は?

新聞を朝受け取ると色々なチラシが入っている。それを見る人と見ない人がいる。主婦は、日常の消費財(スーパー、生活雑貨など)を探して見る。私は、家電製品のチラシを見る。良く、マンションや一軒家のポストに投げ込みチラシを入れている人がいる。多分、アルバイトの方だろう。

ポスティングというチラシの投げ込みだ。私は、あえてやろうとは思っていない。私のビジネスは、一般大衆向けでないからやっても無駄であると言うことがわかっている。法人相手のビジネスは、大都会のビルの会社の郵便受けに入れるべきだろうが、郵便受けに入っているものを社長が見てアクションを起こすとは思っていない。

不動産関連の営業マンは、チラシを良く使う。毎日、どこかの不動産会社のチラシが入っている。営業マンの顔とメッセージがある。住居がターゲットであるからチラシは有効なツールだろう。多分、過去も今も有効なツールに成っているのではないだろうか。

ビジネスを始めたばかりに起業家たちは、良く効果的なチラシの作り方というセミナーに参加する。私は、私のビジネス柄チラシを必要としていないため、お金を払ってまでセミナーに参加する価値がないと思っているためいつもお誘いを断っている。同じビジネスをやっている知人がチラシを作成してポスティングをやった。結果は、時間とお金を無駄にしたそうだ。

チラシを使う上で一番重要なことは、自分のビジネスのお客がチラシで心が動くお客であるかどうか、チラシで情報が効果的に伝わるかどうか、どの様なやり方でターゲット層に向けてチラシを配れるか、紙媒体でないと告知が出来ないのかなど。色々と検討する必要がある。サイト構築サービスでは、チラシは有効でないと私は判断している。