いつかは起業してみたいという営業マンが多い。20歳代、30歳代で起業を考えている営業マンは、一番重要な点で失敗をしている。ビジネスの成功を決めるのは、このポイントを除いてない。誰もが起業する時に見落としている。若いため情熱が先に来る。若者は、知らないことだらけで起業しようとする。現実はそれを教えてくれる。

成功した人の話、セミナー、情報教材、書籍などを読んで学んでも絶対に同じような成功はしない。それで成功すれば、多くの若者達が会社をやめて起業できている。現実は、ほとんど失敗に終わっている。成功ストーリーは、その時の環境とその人の人脈、ビジネスセンス、などなど言葉では表されない要素が沢山あるからだ。それはその人だけのリソースになる。真似はできない。

【起業家】起業する上で一番重要で成功の可否を決めるポイントを教えます。

眼から鱗の発想で今いる会社での苦しみをプラスに変えてしまいます。営業マンはいつも上司から暴言を浴びせられます。いつか、この会社をやめてやろうと一度は思ったはずです。営業マンの転職が非常に高い理由の一つです。隣の山がいつも青々しく見えているのですが、転職できても営業マンである以上売上という数字に負われます。

実は、経営者も同じなんですよ。売上が十分で無いと銀行から借り入れをしないと生きていけないのです。営業マンが頑張らないと経営者も一緒に死んでしまうのです。ウインウイン関係を作るには、お互いが幸せになる働き方をしないとダメなんですよね。

【会社を辞めたい人、不満を持っている人向け】プラスの発想にする眼から鱗の考え方を教えます。

営業マンはメルマガを使って潜在顧客を集めてお問い合わせ先リストを増やしている。問題なのは、メルマガを発行する度に読者を失って行くという現実だ。本当にロイヤルな読者を維持するにはどうしたら良いのだろかと悩んでいないだろうか。

【メルマガ発行者向け】メルマガで新規読者を失わない方法を教えます。