営業先開拓


本当の才能は、身近なところにある。
趣味、強い関心があるもの、得意なもの、自分なりに自信が持てるものなどが自分の才能を作り上げる。

1円を稼ぎ出すには、他人と比較して目立つ必要がある。また、その違いをうまくお客様に伝える必要がある。才能さえあれば、向こうからお客様がやってくるというのは嘘である。

営業で独立したい人は、他人の商品やサービスを実験台にして営業ノウハウを身につける修業をする。簡単には見つからないが自分なりに営業スタイルを作り上げ、失敗を繰り返しながら成功の糸口を探す。その過程が営業で独立するための修行である。

自分のお金を投資して営業の修業をするのは、先が見えている。安月給をもらいながら営業の修行を行うほうが長く修行できる。何事も最初からうまく行くことはない。できるだけ多く失敗することがトップ営業マンになることだ。

自分で失敗の目標を作ろう。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)



1ヶ月に100社から断られるという目標で始めても良い。それが達成できれば、失敗のノウハウが貯まる。次回は、そのノウハウを分析して失敗しない方法を考え実行することが出来る。

売り込みをかけて断られるのは苦痛である。会社は、ノルマでプレッシャーを掛けてくる。断れることを目標にすれば、苦痛を楽しむことが出来る。断られることで「なぜ、断れるか?」を考える機会が生まれる。次回は、チョトと工夫して売り込みが出来るようになる。

失敗するとそんなノウハウを頂ける。それを失敗のご褒美とすれば良い。

私は、Joomla CMSホームページシステムのサイト構築を営んでいる。営業は、失敗の連続だ。今も失敗している。失敗するたびに次のアプローチに工夫を加えている。営業するタイミングも重要であるということに気づく。全て、失敗しないと何も分からない。分かるようになるには、自分の営業スタイルで失敗し続けることだ。

他人の営業方法が必ずしも自分の営業スタイルに通じる保証はない。多分、ダメだろう。自分なりに工夫したやり方を築き上げなければ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。

営業マンも経営者も一日中仕事に追われている。頭から仕事のことが離れない。ふと、楽しむということを忘れてしまう。

 

好きで始めたビジネスの経営者、好きでなった営業職、好きなのに仕事を楽しむということをいつの間に忘れてしまっている自分。All work and no play makes Jack a dull boy. 時には仕事を忘れて楽しむことを味わう。そうすると新鮮さが甦る。

 

どんなビジネスを心配しても不景気のときはすぐに良くはならない。同じ時間を過ごすならば、楽しく過ごす方がよいのではと思い直す。仕事を思い詰めると柔軟な発想やアイデアが生まれてこない。いつも思い詰めたような顔では、お客さんも寄り付かない。営業マンも社長もニコニコした顔が良い。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

今日は、Facebookの勉強会に参加した。

 

システム開発会社の若い社長さんたちが元気よく、楽しそうにFacebookについて学んだことを話してくれた。MixiiとFacebookの違いは、ClosedかOpenかの違いだという。若い人たちは、Facebookを興味半分から触り始める。すぐにその使い方をゲーム感覚で学んでしまう。

 

この勉強会の参加者の多くは、ソーシャルアプリの開発で潤っている会社の社長さんたちのように見受けられた。Facebookでもソーシャルアプリを開発していくのだろう。楽しみながらソフト開発をして儲けていく姿が喜ばしかった。

 

楽しみながら仕事をする。これは、自分が持てる時間を有意義な時間にする。

 

仕事の仕方を今から変えようと思う。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。

現在、会社員の人も起業準備をしている人も起業している人も絶えず付いて回るリスクがある。

1.この会社で働いていて定年退職までいられるのか?
2.この会社が倒産したらどうすべきか?
3.リストラ対象になったらどうしようか?
4.計画したビジネスモデルで食べていけるだろうか?
5.準備した資本金でどれだけやっていけるのだろうか?
6.お客を見つけることが出来るのだろうか?
7.今月の売り上げが無い、どうしよう?
8.体調不調の上に資金繰りが危ない?
9.精神的に不安で一杯だ?

共通しているのは、何をしてもリスクは付き物であると言う事だ。リスクを意識して毎日生活はしていないが、時折、リスクを意識させられる局面が訪れる。

人生の転機という局面だ。


私のビジネスは、7から8までのリスクを絶えず背負っている。ビジネスをこれから始める人たちも同様だろう。

でも、

一度、自分の人生の面舵を切ってしまえばもう前に進むしかない。後戻りしたくても戻る先が無いからだ。自分が抱えるリスクから逃げる人生が本当に自分が求める人生なのか。それとも、リスクに挑戦する前向きな人生なのか。

迷い続ける人は多い。

起業家は、毎朝、今日直面するリスクを肌で感じている。そのストレスをどのように吸収して生活しているかは起業家によって違う。

今、レンタルオフィスが繁盛しているらしい。

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)



私がいる横浜でレンタルオフィスサービスを展開する会社が増えてきて競争が激化してきている。自分の力で生きていく糧を探さねばならない人たちが増えてきたのだろう。

勇気がある、なしではなく生きていくための糧を探さざるを得ないという選択だ。

ビジネスをやるとき自分の強みとリソースを分析する必要がある。自分が提供できるものは、この社会でどの様に受け入れられるのだろうかと。

私は、先行投資が必要なビジネスを避けて少ない運転資金で細く長くビジネスが展開できるモノが良いと思っている。例えば、私のビジネスはオープンソースCMS Joomlaホームページシステムをお客様の要望通りにカスタマイズするサービスを展開している。

必要な能力は、IT技術、PC、インターネットアクセス環境、営業力、そして、A Cup of Coffeeだ。レンタルオフィスで仕事をする必要も無い。むしろ、その固定費が無駄になる。インターネットにアクセスできる環境に自分を置けれれば場所は何処でもよい。

インターネットビジネスを展開している方は、私と同様に身軽なビジネス展開が可能かもしれない。

私は、CMSホームページシステムを使って好きなだけビジネスのホームページを構築できる術を手にした。副業で始めたメールマーケティングサービスが現在のCMSホームページサイト構築ビジネスに発展した。

CMSサイトさえ構築してしまえば、一般の人でも簡単に情報発信がウエブ専門家以上にできる。そんな魔法のツールに惚れ込んでしまった一人なのだ。現実の世界の建築は、多くの人がかかわる。

インターネットのホームページは、CMSホームページシステムを使えば一人で何軒も建築できてしまう。

ただ、問題なのは人が住まない建物をインターネットで作っても意味が無いということだ。

これから起業する人は、自分がコントロールできるCMSホームページシステムでサイト構築をした方が情報発信という意味合いでは凄く役に立つと思う。ご興味がある方は、Goyatの吉田までお尋ねください。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。