横浜で仕事をしていると新聞に入れられて届くチラシに目が行く。A4サイズのチラシが多いが、時にはB5サイズ、はがきサイズのものも入ってくる。今日のチラシは、アルバイトやパート募集のチラシが多かった。一つだけ目に付いたチラシは、B5サイズの水道周りのサービスをするチラシであった。

チラシを見ていつも思うのだが・・・

情報盛り沢山のチラシが全般的に多い。主婦相手のチラシ、スーパーのチラシはそれでも良いが単価が5万円以上もするリフォーム、トイレ、修繕、不動産販売などは、電話をかけてくるきっかけを作るだけで良いと思っている。

今日見た水道周りのチラシは、目に付いた。その理由は、必要不可欠の情報だけに絞り込んで余分な情報は一切書いてなかった!そのため、一目で何を伝えようとしているチラシかが分かった。

必要不可欠な情報

  1. どのようなサービス、商品販売なのかが分かる
  2. コンタクト先情報(大きな文字で電話番号、メールアドレス、HPアドレス、住所など)
  3. お得なキャッチコピー1行

 

これだけであった。B5サイズのチラシで十分な情報量であるためコストも安く付いただろう。チラシを見て問い合わせを誘導するものからお店に行かせるものまで色々あるが、単価が高いものは消費者は色々と情報ショッピングをする。インターネット検索であなたの会社が見つからないと信用の面で問題が発生する。

さらに、

情報が常にアップデートされていないと不信を募らせる原因になる。チラシだけでは終わらない。チラシとホームページは連動させる必要がある。自分たちでもホームページの情報を直ぐに連動させる事が出来るホームページシステムがある。

Joomla CMSホームページシステムでホームページを構築するとホームページの専門知識なしで直ぐにページ作成が出来る。それ故、チラシが巻かれる時に内容にあった情報をもっと詳しく説明したページをあなたの営業マンが作成できる。新規CMSサイト構築 こちらを参照。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

お客は知人の紹介でやって来ると言う人が多数だ!

「知人の紹介」というのがポイントだが、お客を紹介してくれる知人を作るにはどうしたら良いかが課題である。だれもが、それはその通りだと思っている。何処にお客を紹介してくれる知人がいるのだ?

結局、ここに戻ってくる。

頭で考えるステップはこうだ。

  1. 自分が付き合っている人たちに自分の仕事とサービスについて認知して頂く。
  2. 自分が付き合っている人たちを無償で助けてあげる努力をする。
  3. 自分の顔=自分の仕事内容というように印象づける必要がある。

見知らぬ人が突然お客を紹介してくれるはずがない。お客は、知人を信頼して紹介される。これがポイントである。紹介する知人は、あなたを信用してお客を紹介する。この信頼の連鎖が生まれないとお客は紹介されない。

自分の顔を覚えて頂くには、飲み会や懇親会でじっくりお互いを知り合う事が第一歩である。このステップなしには、気安く誰かを紹介なんか出来ない。紹介する方にも責任が発生するからだ。 良く知らない人を直ぐに紹介する人は要注意の人物だ。過去にそんな人にお客を紹介されたが、時間の無駄であった。

お互いの信頼を深めるには、相互依存が発生する何かをすると良い。知り合いが困っていれば、無償で助けてあげる。貸しを作る事が一番信頼を作りやすい。知人との付き合いは、相手が喜ぶ事を見つけてやってあげる事である。そして、その行為に対して何も期待しない。

借りを受けた知人は、その借りを返す機会を探し始める。

昔から言うように沢山の貸しを作りなさいだ!

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

営業なんてやった事がない社員が営業をやれと言われて困っています。

はい。このような事はどの会社にも起こる可能性があります。大企業でもリストラのために意図的にエンジニアや他の職種の社員を営業に回す事があります。後は、売り上げが伸びないために全社員が営業マンにならないとやっていけないという場合もあります。多くの場合は、売り上げを伸ばすために間接要員を営業に回して少しでもお客を見つけるためです。

間接業務を長年やっていた社員が突然営業をやれと言われても何をどうやったら良いか分からないのが当たり前ですね。

こんな状況に陥ったら・・・

自社製品やサービス内容は十分理解できている方が多いはずですので、分からないのは何処に行けばお客さんを見つけられるかです。飛び込み営業という方法がありますが、素人がやると100%時間と労力の無駄になりますのでお勧めしません!

新しいお客を見つけるのは、営業のプロでも至難の業です。ですので、苦労するのは当たり前と認識して下さい。

おすすめの方法が2つあります。

1.ターゲットの客層が集まる懇親会付きのセミナーや勉強会に参加する。

ウエブ検索で懇親会付きセミナーや勉強会を探して申し込みます。有料、無料がありますが有料のセミナーや勉強会を選択して下さい。お金を支払ってまでも参加する人たちは質が良いお客さんであるからです。無料セミナーや勉強会は、自分のお客を見る目を養うためだけに参加したら良いでしょう。無理して営業しても無駄な場合が多いからです。ゴミが集まっています。

2.自分でターゲット顧客を集める仕掛けを作る。

この仕掛けは、時間をかけて作ります。ターゲットの客層が求めるだろうと思われる情報ポータルサイトを作るのです。そして、餌を提供して会員登録をしてもらうのです。会員登録をすると潜在顧客のメールアドレスと名前、または、会社名などが手に入ります。情報ポータルサイトは、会員登録機能があるJoomla CMSというライセンスフリーのホームページシステムを使うと便利です。

Joomla CMSについては上記のリンク先サイトを参照して下さい。今は、会員登録して頂いた潜在顧客を如何にして自分のお客にするかです。会員登録=お客というわけにはいきません。潜在顧客リストです。ここで登録して頂いた方が本当のお客になるかどうかは、あなたが提供する通知情報メールの内容に依存します。

Joomla CMSのホームページシステムには、登録者に一斉同報メール送信が出来る機能があります。1000名まで対応できます。通知メールは、新しい記事をホームページで公開した時に送ります。こんな感じの内容で十分です。

---

○○サイトの会員登録者様へのお知らせです。

「時間と予算がない-営業をしないといけない 」

http://kyaku.info/ceo-uses-cms-for-sales/403-no-time-and-budget.html

上記内容の記事を公開しましたのでご一読下さい。

---

これだけです。メルマガではありませんのでこれだけで十分です。あえて追加するならば、公開した記事のイントロ内容ぐらいです。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト