営業先開拓

お客が喜ぶオファー

押し売りの営業は、お客様を幸せにしない。必要もないのに近寄ってきて製品説明をする量販店のセールススタッフは、嫌われる。

お客様が喜ぶタイミングがある。必要な時に明確なオファーがあると耳を傾ける。営業マンは、そのタイミングを見分ける感覚を磨く必要がある。

初対面のお客様は、あなたを品定めする。色々な話題を出してあなたの人格を見ようとする。誠実な印象が与えられば合格になる。この時点で売り始めると不合格である。

自社の製品やサービスの説明は相手が聞いて来て始まる

customer-behavior

お客さんは、営業マンからの売り込みを拒む。

こんな状況をイメージして頂きたい。

ある企業のセミナー開催後の懇親会にあなたがいるとしよう。

懇親会には、多くのセミナー参加者とその会社の営業マンがいる。懇親会会場の中央には盛り沢山の料理があり、お客さんが懇親を深めている。

こんな状況でお客さんに接近してくる営業マンらしき人が見える。

この時のお客さんの心理を想像してみて頂きたい。

営業マンは辛い。成績が良くなければ、首になる。いつ首になっても良いように収入を得る方法を幾つか準備している必要がある。副業をインターネットでやって稼いでいないといざという時に困ることになる。インターネットビジネスは、アイデアで勝負だ。誰もが正解を知らない。やってみて初めて儲かることが分かる。当然、失敗することも分かる。

一番重要なことは、インターネットビジネスを始める前に収益モデルをしっかり作って置くことだ。色々な要素を角度でビジネスモデルを検討して準備する人が重要である。

新規インターネットビジネスのビジネスモデルについて助言します。